気になるおしりのニキビを治す方法は?再発を防ぐ方法はコレ?

 

痛いなぁ・・・と思ったらおしりにニキビ!?
絶対に目立つし、早くきれいにしたいけどどうすればいいんだろう?

 

おしりニキビ治す方法

 

いつのまにかおしりにできてしまうニキビ。
でも顔にできるニキビと同じように、おしりのニキビもできやすい人とそうでない人がいます。

 

では一体何が原因でおしりにニキビができてしまうのでしょうか。

 

その原因と共に、おしりにニキビができやすい人がまたおしりニキビに悩まされないために気をつけたいことをまとめました。

 

しっかりと対策を立てて、おしりニキビに悩まされない毎日を送るためにも、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

おしりのニキビが出来やすい人の特徴はコレ!

おしりのニキビに悩む人は、女の人も男の人もたくさんいます。
おしりニキビができやすい人は、
○座り仕事が多い
○体にぴったりした服や下着をつけている
人に多いといわれています。

 

体の部位のなかでも、おしりはニキビができやすい部位です。

 

そしておしりニキビはおしりにかいた汗などで蒸れたり、血行が悪かったり新陳代謝が悪いとできやすくなります。

 

おしりニキビは女性より男性の方が多いとされていましたが、女性はガードルやストッキング、また生理用ナプキンなどでおしりが蒸れやすい環境にあり、おしりニキビに悩む人が増えています。

 

ではこのおしりニキビを治すためにはどのような方法があるのか、詳しく見ていきましょう。

気になるおしりのニキビを治す方法は?

おしりニキビを治す方法としては、
○ピーリングで角質を落とす
○まめに汗を拭き清潔に保つ
○スキンケアをしっかりする
ことがあげられます。

 

おしりは座ることによって常に刺激にさらされています。
また、普段の生活の中で動かす事が少なく、角質が落ちにくい部位でもあります。
古くなった角質が残ったままだと、雑菌が繁殖しやすく、これがお尻ニキビの原因となります。

 

おしりニキビを改善する為には、まず、この角質を取ることが大切です。
スクラブ入りの石鹸などで、丁寧におしりを洗います。
できてしまっているニキビを悪化させないよう、きれいにしたらクリームなどで保湿します。

 

決して指で潰したりしないようにしましょう。
さらにひどくなるだけでなく、シミなどの原因になります。

 

また洗う時には熱いお湯やシャワーは使わないようにしましょう。

 

熱いお湯は乾燥を招き、シャワーはおしりへの刺激となるからです。

 

ボディソープや石鹸、またブラシなどもおしりの刺激となりますので、低刺激のもの、またニキビ用のものを使うようにします。

 

また日中でもおしりに汗をかいたときには、その都度拭くなどして、清潔に保つ事でニキビが治りやすくなります。

 

これに加え、ニキビ用のクリームなども使うのがおすすめです。

 

上記のケアを繰り返せば、お尻にできてしまったニキビは快方にむかいます。

 

でもおしりニキビができてしまったということは、おしりニキビができやすい環境にあるということなので、また再発する可能性があります。

 

それを防ぐために日頃からどんなことに気を付ければいいのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

おしりのニキビが再発するのを防ぐには?

 

おしりニキビ治す方法

 

おしりニキビを再発させないために、普段から
○おしりへの刺激を減らす
○蒸れさせないよう下着などを工夫する
○乾燥させない
よう気をつけましょう。

 

長時間椅子に座って作業する時には、低反発クッションなどを敷くと刺激が減ります。

 

座ることだけでなく、下着の素材によってはおしりへの刺激となることがあります。

 

化学繊維やナイロン、ポリエステルの下着、またジーパンやデニムは布が厚いため汗をかきやすく蒸れや皮脂がたまる原因となります。

 

またゴムなどでしめつけるもの、ガードルなど肌に密着する下着も血行を悪くし、皮脂の新陳代謝を悪くするので避けるようにします。

 

またお風呂の入った際、椅子などに石鹸が残っていたりすると雑菌が繁殖しておしりにつき、おしりニキビの原因となることがあります。

 

お尻を洗った後は、しっかりと流すようにして洗い残しがないようにしましょう。
そして、お風呂上がりは乾燥させないように保湿のクリームを塗るようにします。

 

おしりニキビを気にして洗いすぎることは、逆に肌を乾燥させることになりますので、気をつけたいですね。

おしりニキビを治す方法|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

できてしまったおしりニキビを治すには、
○ピーリングで角質を落とす
○まめに汗を拭き清潔に保つ
○スキンケアをしっかりする
ことが大切です。

 

またおしりニキビは、おしりへの肌の刺激や血行不良により新陳代謝の機能が低下することが原因で発生します。
再発させないよう普段から、
○おしりへの負担をやわらげる
○おしりを蒸れさせない、しめつけない
ことも心がけましょう。

 

おしりニキビのないきれいなおしりのために、日頃からおしりを労って過ごすようにしたいですね。