女性が実践すべきお尻ニキビ対策とは?日常での注意点は?

 

お尻にニキビ?うそ、なんで??
なんとかしたいけどすぐ治す方法ってあるの??

 

お尻ニキビ対策

 

顔と違い、自分ではなかなか見ることのないお尻にいつの間にかできているニキビ。

 

実はニキビは顔だけでなく、体のあちこちにある汗腺にできる可能性があるのです。

 

しかし自分では見えなくても、人の視線にさらされることの多いお尻のニキビは、早く治したいですよね。

 

またできてしまったニキビは、きちんと対処しないと悪化するだけでなく、治ってもまた再発することもあり得ます。

 

このお尻ニキビを治し、再発を防ぐためにはどのような対策を取ればいいのでしょうか。
すぐになんとかしたいあなたのために、役立つ情報をまとめました。

お尻にもニキビができるって本当?

普段の生活で、椅子に座ることや正座など、お尻にはダメージがかかりやすいためお尻にはニキビができやすいといえます。

 

肌トラブルのひとつであるニキビは、思春期に多いと思われがちですが、大人でも悩まされる人は少なくありません。

 

そして毛穴に皮脂がたまってできるニキビは、実はお尻にもできるのです。

 

ニキビは汗腺のある場所にできるため、顔だけでなく背中やお尻、太ももにもできる可能性があります。

 

その中でもお尻は日常生活でダメージがかかりやすい部位であるため、ニキビができやすく、また悪化しやすいのです。

 

ではできてしまったニキビを、すぐに治したいときにするべき対策について詳しく見ていきましょう。

女性が実践すべきお尻ニキビ対策とは?

お尻ニキビをケアするためには、まず保湿ケアが大切です。

 

ニキビができる一番の原因は、肌のターンオーバーが乱れ、毛穴が皮脂でつまっていることによります。

 

ニキビを改善するために、まず詰まった皮脂を取り除き、ターンオーバーを正常に戻すことが必要です。

 

スクラブ入りなどの薬用ボディソープなどを使い、力を入れずにお尻を洗います。
熱すぎるお湯は逆にダメージになりますので、気をつけて洗い流します。
このときボディソープや石鹸の泡が残らないよう、手の平で優しく流します。

 

残った水分はタオルで優しくとり、保湿のクリームをお尻に塗ります。

 

このニキビケアを毎日繰り返すことで、肌のターンオーバーを改善できます。

 

しかしお尻へのダメージは、日々の生活習慣でも積み重なってしまいます。
お尻ニキビを作らないために、普段からどのような生活をすればいいのか、詳しく見ていきましょう。

お尻ニキビ防止のための日常での注意点とは?

 

お尻ニキビ対策

 

お尻ニキビを防止するために、普段の生活から
○食生活を見直し、脂肪分や糖分を控える
○規則正しい生活と睡眠をしっかり取る
○お尻を清潔に保つ
○お尻への刺激を減らす
ことを心がけましょう。

 

食生活を見直し、規則正しい生活をすることは、肌のターンオーバーを正常にし、皮脂の出にくい身体作りにつながります。

 

そしてお尻を普段から清潔にし、ダメージを受けやすいお尻をいたわることも大切です。

 

清潔にしないと、とお尻を必要以上にお風呂でこすることや、一日に何度も洗うことは逆にダメージになるのでやめておきましょう。

 

またお風呂の椅子やトイレの便座も、細菌や雑菌がつきやすいので、使う時には注意してくださいね。

 

そして日常生活でお尻へのダメージを減らすために、長時間座りっぱなしになりがちな人は、こまめに休憩をして、お尻をほぐし、座布団などを敷いてダメージをやわらげましょう。

 

特に女性はお尻を締めつける下着やストッキングやガードルなどによって、お尻にダメージを与えることが多いので、見直すことも考えたいですね。

 

ではお尻ニキビ対策におすすめのクリームや下着について、詳しく見ていきましょう。

お尻ニキビ対策に有効なアイテムはコレ!

お尻ニキビ対策には、お尻ニキビ専用のクリームを使うことがおすすめです。
そして下着は通気性のよい天然素材のものがつかうようにしましょう。

 

お尻ニキビは角質がダメージで厚くなりがちなため、顔ニキビ用のケアとはまた違ったケアが必要です。

 

お尻ニキビ専用のクリームとして、コラーゲンや天然ビタミンが豊富なピーチローズや高濃密美容成分が豊富なフェアリームーンがおすすめです。

 

こういった保湿クリームを使うだけでなく、下着も合わせて見直しましょう。
化学繊維をつかった下着や、サイズの小さな下着は、締め付けや摩擦によってお尻にダメージを与えます。

 

通気性のよいシルクや綿などの天然素材の下着で、締めつけないゆったりとしたデザインのものを選ぶようにしたいですね。

お尻ニキビ対策|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

汗腺が多く、また座ることなどでダメージを受けやすいお尻は、ニキビのできやすい部位です。
しかし顔と違って気づきにくいため、ニキビが悪化しやすい部位でもあります。

 

お尻を清潔に保ち、保湿ケアをしっかりすることで、ニキビを改善し治すことは可能ですが、再発させないためにも、食生活や規則正しい生活で睡眠をしっかり取るといった普段の生活を見直すことも大切です。

 

お尻の保湿ケアに加え、下着を見直して、お尻をいたわる生活を心がけるようにしたいですね。